2015年05月05日

「荒木飛呂彦の漫画術」読んだよ!

  • 20150505200526589.jpg


そういえばこないだ

「荒木飛呂彦の漫画術」を読んだ!ヽ(´ー`)ノ

文章も読みやすくて解りやすい!!


世間的には非常に個性的な漫画を描かれる印象の荒木先生ですが

漫画に対する考え方は至極オーソドックスで

1番大事に考えているのは「キャラクター」

次に「世界観」だそうです


キャラクターに関しては、60にも及ぶ項目をイメージして肉付けするとの事…

あの個性的キャラクターたちは、こうして生まれてきたんですね〜!(*゚∀゚)


また、どんなにオーソドックスな手法を用いようと

作者が自分の考えで肉付けしたキャラは

個性的になるモノだ…ということでしょう


荒木先生は、少年ジャンプという日本一メジャーな漫画誌でヒットを続けてこられてきたわけで

その中で漫画の王道…黄金の道を求めて漫画を描いてきたと書かれています。


しかし、自分の考えや描き方が全てではなく

いわば手探りの中の「地図」だとおっしゃってます

だから、コレから漫画を描かれる方には地図をたよりにしても

更に先へ行って欲しいと…


なんと偉大な先達じゃ〜ありませんか!


オイラも漫画家志望者の方々には、一読オススメしますヨ!(≧∇≦)b
posted by 玉屋かつき at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック